B2Bこそマイクロコンバージョンの設定が必須

B2BのWebサイトはコンバージョンが少ない

一般的にB2BのWebサイトにおけるコンバージョン(資料請求・お問い合わせ等)は、ECサイトなどB2Cにおけるコンバージョン(商品購入など)に比べて発生する絶対量が少ないと考えています。

コンバージョンの絶対数が少ない場合、

  • アドワーズのコンバージョン最適化が機能しない
  • 1回のコンバージョンの有無でCVRが大きく変動する

といった問題が生じてきます。

中間CV(マイクロコンバージョン)を活用すべし

B2BのWEBサイトでこそ有効活用すべきなのが、中間CVです。中間CVとは、最終的なコンバージョに到るまでの中間経路に設ける目標のことです。

一般的な中間CVでは

  • 2ページ以上閲覧
  • フォームへの遷移

といった指標が採用されます。厳密なルールはありませんが、「最終的なCVユーザーであれば中間CVも達成している」という指標を見極めて設定するのがポイントです。

CV数の絶対量を稼ぎづらいB2BのWebサイトであっても、中間CVを設けておく事で、サイト改善に役立てる事ができます。

またリターゲティング広告の効率化にも活用する事ができ、例えば2ページ閲覧した人よりも、5ページ閲覧した人に対して高い単価でリターゲティング広告を出したり、といった活用ができます。

Google アナリティクスの「目標」は1つのビューにつき20個まで有効化できますので、まだ何も設定していない方は是非、中間CVを設定してみてください。

 

Ginga

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です