アクセス解析で大事なのはツールじゃなくて”仮説”

私の環境下で「アクセス解析」と言うキーワードでGoogle検索すると

  • アクセス解析 おすすめ
  • アクセス解析 ツール比較

といった第2キーワードが候補としてあがってきます。アクセス解析ツールを比較検討している人が意外にも多いことがわかりますが、私に言わせれば、ツールの比較検討をする時間ははっきり言ってムダです。

アクセス解析ツールはGoogle アナリティクスで十分

Googleアナリティクスは”十分”と表現するのが恐れ多いほど優秀なアクセス解析ツールです。

Googleアナリティクスがアクセス解析ツールとして優秀な理由

  • 無料で使えて多機能
  • ドキュメントが豊富、Google公式コミュニティも発達
  • Adwordsとの連携もスムーズ
  • 検索エンジンと連携するのでやっぱり強い。Search Consoleとも公式連携している

アクセス解析ツールを比較検討する時間があったらさっさとGoogleアナリティクスを入れてしまって、解析する方に頭と時間を使いましょう、と私は言いたいです。

闇雲にアクセス結果を眺めていてもダメ

アクセス解析ツールの比較を行う人がどんな気持ちなのかを考えてみましたが、ずばり「アクセス解析がうまく実施できていない」というのが理由ではないかと思いました。

アクセス解析に大事なのは「仮説」を立てて初期設定を行い、仮説に基づいて結果を「検証」することです。

Googleアナリティクスは無料な上に高機能なので、目的や仮説のない闇雲な数字確認では数字に埋もれて息ができなくなります。闇雲に数字を確認するのではなく、仮説を持って数字を追う事が重要です。

アクセス解析は仮説ベースで

B2BのWebサイトで仮説ベースのアクセス解析をする場合、例えば以下のような流れになります。

(例)仮説ベースでアクセス解析をして問い合わせ数UPを狙う

CVユーザーは会社概要を見ているのでは?(これが仮説)

CVユーザーとそうでないユーザーでGA上のアクセス状況を比較

色々見ていく中で、CVユーザーは会社概要を見ていることがわかった

全ページのヘッダーに会社概要のリンクを置いてみよう(仮説を元に改善アクションを取れる)

Googleアナリティクスには目標設定機能や、高い自由度でセグメントを着る機能が備わっていますので、上記のようなアクセス解析と改善アクションに大いに役立てることができます。

また前回の記事で説明した中間CVを設定しておくことも、仮説ベースのアクセス解析をする上で役立てることができます。

 

Ginga

 

アクセス解析のしやすさを考慮したURL設計

Webサイトを改善していく上でアクセス解析が重要であることは言うまでもありませんが、効果的なアクセス解析を行うという観点でURLを適切に設計することもかなり重要です。

Google Analyticsを使ってアクセス解析を行う場合、先頭一致や正規表現を使って異なるURLを持つページ群のセグメントを作ることになります。

例えば製品Aに関するページと製品Bに関するページのパフォーマンスを比較する際、

  • セグメントA:URL先頭一致「/productA/」
  • セグメントB:URL先頭一致「/productB/」

といったようにかんたんに区切れるURLを設計しておくことで、「製品Aに関するページは直帰率が高めだね」などなどわかるようになり、サイト改善アクションが取りやすくなります。

B2BのWebサイトで言えば、たとえばITツールが商材だったとき「機能紹介」「強み・特徴」「導入事例」などなど、分析したい軸を意識してURLを設定しておくことで、「問い合わせする前には高い確率で/casestudy/(導入事例)のページが読まれているから、もっと事例を増やしていこう」といった改善アクションが取れるようになりますね。

また、コンテンツマーケティングを行う上でもこの考え方は重要でしょう。特にWordpressを使ってブログコンテンツを配信する場合、デフォルトのリンク構造は

  • (サイトドメイン)/?p=123
  • (サイトドメイン)/2017/10/1/sample-post/

などの構造になってしまう可能性があります。ブログのそれぞれの記事がカテゴリを持たない場合には対して問題ではないかもしれませんが、このサイトのように「Google Tag Managerについて」「アクセス解析について」といったカテゴリが明確に分類されている場合には、URL設定にも配慮すべきでしょう。

WordPressにおけるパーマリンクのおすすめ設定は、カテゴリ名を先頭に含めつつ、日付情報も含める形です。

/%category%/%year%%monthnum%%day%-%post_id%/

こうすることで先に述べたカテゴリごとのパフォーマンス比較が用意になりますし、アクセス解析を行う画面上でもURLを見ただけで、どのカテゴリでいつ更新した記事かがひと目でわかるようになります。

またSEO観点でのURL最適化、みたいな話もあるようですが、それはまた別の機会にご紹介します。

 

Ginga