Webとは何か – 紙媒体と比較してわかる4つの特徴

Webマーケター1年生がWebマーケティングで成果を上げる上で、Webサイトの特性を深く知ることは重要です。今回は新聞や雑誌などの紙媒体Webサイトを比較することで、その特性を浮き彫りにしていきたいと思います。

ポイント1:新聞雑誌は買う。Webサイトは買わない。

「Webサイトに書いてあることは意外に読まれない」という点に、Webマーケターは留意すべきです。アクセス解析を少しすればわかりますが、数秒単位でページを行ったり来たりするユーザーというのはざらにいます。これはつまり「興味があれば読むし、興味があれば読まない」というユーザーの態度が表れているのだと思います。

新聞や雑誌の場合はお金を出して買うので、よほど興味がない場合を除いて、ひとまず全部にざっと目を通してもらえると思います。一方でWebはお金をかけずに暇つぶしで読まれるものなので興味があるコンテンツしか読まれません

興味を引く記事タイトル、ページを開いて一目ですぐ伝わるメリット、自分ごととして意識が強まる導入文、わかりやすい論理構造や見出し、文中の強調など、ライティングにおいて意識すべき点はたくさんあります。

ポイント2:新聞雑誌は直線的に読む。Webサイトは立体的に読む。

新聞・雑誌・本は普通、最初から最後まで一直線で読み進めていくモノだと思いますが、Webはそうではありません。TOPページにたどり着いた人が、次に機能一覧ページを見てもいいし、導入事例ページを見てもいいし、いきなりお問い合わせをしてもいいわけです。また逆に、何処か別のページから見始めてTOPページにやってくる、ということだって起こり得ます。

Webサイトを設計する際には、どのページにどんなユーザーが訪れても不自由なく快適にサイトを動き回れるようになっているべきです。じゃあどうしたらいいか、ということをキーワードに落とし込んで解説します。

■ナビゲーション

サイトのユーザビリティ(使い勝手)を向上させる上でナビゲーションの良しあしは極めて重要です。適切な数と粒度のメニューが、適切な位置とサイズで設置されていると使い勝手が良いでしょう。

適当にナビゲーションを置いているんだろうなあと思われるWebサイトは世の中に散見されますが、そういう悪い例は参考にしてはいけません。

「グローバルナビゲーション」「サブナビゲーション」「サイドナビ」「メガメニュー」など、細かくいろんな種類があります。

■情報設計(IA)

定義を正確に説明するの難しいですが、個人的な理解では「使い勝手の良いナビゲーションを作るためのディレクトリ構造の設計」が情報設計です。

ステークホルダーの多いWebサイト、例えば大手百貨店のWebサイトなんかだと、サイトが5階層6階層と深くなることも多く、どういう粒度でディレクトリを分けていくのかベストか、考えるのに骨が折れるだろうなぁと思います。

■動線

サイト内をどう動いてもらいたいかを考えることを「動線設計」と呼びます。例えば「学習フェーズの潜在ユーザーは検索エンジンで○○というキーワードで検索して△△というページにランディングするから□□ページへのリンクを貼ってさらにそこから資料ダウンロードのリンクを貼ろう」みたいなことを考るのが動線設計です。

■サイト内回遊性

1ページ見終わった人に関連するページのリンクを自然に踏ませるようにすることを「回遊性を高める」と言ったりします。一般的には、直帰されるよりは2ページ、3ページと見てもらう方がブランドへの理解は増すと考えられるので、「サイト内回遊性をいかに上げていくか」はサイト改善のモチベーションとなります。

ポイント3:新聞雑誌は静的。Webサイトは動的。

ここでいう動的は「画面サイズが決まってない」「クリックできる」の2つの意味で書きました。

■画面サイズが決まってない

Webサイトはいろんな人が色んな環境で閲覧します。ディスプレイのサイズ、ブラウザ、OSに依存せず、どんな環境でも快適に閲覧できることが大切です。

近年では”スマホからのGoogle検索数がパソコンを超えた”と言われており、スマホの小さい画面での見やすさも重要とされています。

<スマホでの見やすさ向上のために気をつけるポイント>
・その本文、スマホでも読みやすいサイズになっていますか?
・その画像、スマホで見ても何が書いてあるのかわかりますか?
・そのボタン、スマホでタップするのに十分なサイズと周りとの余白はありますか?

この他の注意点は「モバイルフレンドリー」でググるとたくさん出てきます。

■クリックできる

Webではクリックができます。クリックができるからこそ、別のページを見たり、表示する情報を切り替えたり、並べ替えたりと、色んなことができます。

そこで注意したいのが、「クリックできる(クリッカブルである)ことが明確なボタンのデザインになっているか」という点です。

世の中のサイトでクリッカブルなデザインが徹底されてないものも結構ありますが、ダメなサイトを参考にしちゃだめです。せっかく用意した「資料請求」のボタンが、ボタンとして認知されなければ機会損失となります。

「マウスカーソルが乗ったときにアニメーションさせればいいじゃん」という発想も断固許してはいけません。クリッカブルであることがわからないものに対して、マウスを乗せて見ようという気持ちにはなりません。

ポイント4:新聞も雑誌もWebサイトも「情報の価値>デザイン」が大事。

新聞が極端な例ですが、メディアにおいて価値があるのはデザインではなく情報であることは明らかです。

あなたは今日見たWebサイトの中で、書いてある内容をなんとなく覚えているサイトはいくつありますか?またその中で、デザインを思い出せるサイトはいくつありますか?私は、昨日みたWebサイトのうちデザインを思い出せるのはほとんどありません。

私がAmazonやGoogleニュースを使うのは、デザインが優れているからではなく私にとって有益だからです。

デザインをなんとなくカッコよく仕上げた結果何を書いてあるのかわからない、そんなサイトはダメです。そんなデザインを上げてくるデザイナとは、ディレクタとしてきちんと戦っていく必要があります。

 

Ginga

問い合わせが欲しいならタブレット対応も手を抜くな

突然ですが、iPad Pro 10.5インチ版を購入しました。

初のタブレット購入。完全な衝動買いだったんですが、3週間ほど欲しみが継続して悩んだ末の購入なので後悔はしないはず。

適当に触っているだけで幸せがこみ上げてくるユーザー体験、さすがAppleと言わざるを得ない。

あなたのサイト、タブレット対応できてますか?

私はできてません。新品iPadをポチポチいじる中でこのサイトを閲覧してみたのですが、残念なことにレイアウト崩れが発覚しました(2017年12月2日現在)。

このサイトのデザインはテンプレートから少し手を入れただけだったため、少々油断しておりました。良くないですね。

このサイトに限らず多くのサイトで、PCレイアウトとSPレイアウトの2種だけを実装し、タブレットではどちらかのレイアウトを表示させている、というケースは多いのではないでしょうか。

タブレット表示の最適化も真剣に実装するべき

これからのWebサイトは、タブレット端末にも熱心に対応していく必要があると考えています。タブレットはもっともっと流行っていく可能性を秘めているからです。

タブレットはノートパソコンからキーボード部分を取り除くことで持ち運び性を向上させた代物ですが、入力が煩わしくなるというデメリットもあります。

また初期のiPadが誕生した頃はマシンスペックの問題もあり、仕事に使うマシンというよりは暇つぶしで使うマシンという認識が強かったと思います。

今のタブレットは仕事に使える

ところが最近では事情が変わってきています。まず、タブレット端末全体のマシンスペックが向上してきており、またMicrosoftのOffice系も利用可能になるなど、仕事用マシンとしての地位を確立しつつあります。

また近年スマートスピーカーが流行っているように、音声認識によるインプットというものがスタンダードになっていけば

  • インプット→声
  • アウトプット(ブラウジング)→タブレット

というように切り分けが進んでいき、タブレットのメリットだけをフルで享受できる環境がやってくるのではないでしょうか。

そもそも音声認識技術の向上うんぬんは置いておくとして、問い合わせ数を1件でも上乗せしたいB2BのWebサイトであれば、タブレット対応をきちんと進めておくおくことは当然のことなんですけどね。

Ginga

良いUXには「あるある」が隠されている

お笑いが笑える理由

私は昔からお笑いが好きで、学生時代には600人ほど集まったイベントで漫才をしたこともありました。

お笑いがなぜ笑えるのか、ということに関して12歳からずっと考えていますが、その答えはずばり「あるあるを感じるから」だと考えています。例えば、ハンバーガー屋さんでの面白いやり取り(サンドウィッチマンさんをイメージ)であったり、お化け屋敷で全然ダメなおばけが出てくる(パンクブーブーさんをイメージ)といった類は、もしかしたらありそうな感じ(=あるある)が笑いに結びついていると考えています。

逆にあるあるじゃないのもあり、例えば「巨大昆虫と戦う」といった類のネタはいわゆる「シュール」カテゴリに入るんだと思っていますが、結局は「あるある」「シュール」「つまらない」の3パターンしかないように思います。

また笑いに限らず「感動」という面においても、結局受け手が過去に体感していること(=あるある)でないと、人はそもそも感動することができないそうです。

本題:あるあるとUX

「あるある」っていうのは人に何かを感じさせ、行動を起こさせるという面において重要だと思います。Webマーケティングにおける唯一絶対の目的は、サイトに訪れた人にお問い合わせしてもらうことになりますので、Webサイトのデザインは

  • グローバルメニューがページの一番上段にある
  • スマホで見たとき右上か左上を見ればメニューボタンが見つかる
  • クリックできるボタンがひと目でクリックできるとわかりやすい
  • 「お問い合わせ」のリンクがページの一番上になければ一番下のフッターまでスクロールすれば見つかる

など、過去のWWWの歴史で培われた「あるある」を当てはめておくべきだと考えています。

こういったセオリーを無視して、なんとなく今っぽいとかそんな理由で妙なデザインを起こすことは、ユーザビリティを低下を招き、「問い合わせ獲得」において障壁にしかなりえないでしょう。

私はWebサイトのUXデザインで困ったら、Amazonを参考にするようにしています。AmazonはB2Bではありあせんが、ユーザビリティの向上が業績に直結するだけに、かなり参考になる部分が多いです。

 

Ginga