B2BマーケではSEO対策はほどほどに。

B2Bマーケにおいて、Google検索結果の1位を取ることに固執することはさほど重要ではないと考えています。なぜなら、企業が何かのサービス導入を検討する際には、ほぼ間違いなく徹底的な比較検討を行うためです。

B2CとB2BではSEOのゴールが違う

現代人は何かを購入する前にはほぼ必ずWeb上で情報収集をすると言われていますから、B2C企業にとって自社のサービスをGoogle検索で見つけてもらえるかどうかは死活問題と言えます。

またB2Cであれば、検索結果の上位を取ることで他社との競合状態になることなく自社の商品を購入してもらえる可能性が高まりますので、SEOやSEMを頑張る価値が大いにあると言えるでしょう。

しかし、B2B企業の場合は話は別です。B2Bの場合、購入の意志決定をするのは人ではなく「組織」です。組織が何かの購入・注文を検討する際には「なんとなく好きだから」「流行っているから」といった理由で意思決定することは絶対にありません。

通常は、情報収集をする担当者が類似サービスを熱心に比較検討して資料化、経営陣やマネージャー層からから承認を得ることで初めて注文、ということになります。

この場合、ターゲットユーザーはGoogle検索結果を元にもれなく類似サービスを比較検討すると推測されますから、B2B企業がGoogle検索結果の1位をキープすることに固執する必要はないのです。強いて言えば、検索結果の1ページ目さえ維持できていれば、ひとまず比較検討候補として認識してもらえるでしょう。

B2B企業が目指すべきWebサイト

前述の通り、B2BのWebサイトではある程度の順位を維持できれば十分です。そのためには以下のような最低限のSEO対策を実行しておけば十分でしょう。

<最低限のSEO対策>

  • クリックされやすいタイトルをつける。
  • キーワードを意識したメタdescriptionを設定する。
  • 正しいHTMLコーディングを実装する。

「これだけでほんとに大丈夫?!」と思えるような簡易な内容に思えるかもしれませんが、この程度の対策さえできていないWebサイトが世の中にたくさんあるのが実情です。むしろB2BのWebサイトであれば、SEO対策に固執して不毛に時間を費やすよりはコンテンツを充実させるほうが効果増を期待できます。

先に述べたようにB2Bサイトのターゲットは熱心に比較検討をしていますので、「他社との差別化要因」「導入メリット」「導入実績」といった情報をわかりやすく提示することに労力を費やしていきましょう。ランディングページからのサイト回遊が増えていくことが、SEO対策として有効とも考えられています(参考:https://webtan.impress.co.jp/e/2017/11/13/27337)。

少し話が変わりますが、SEO観点での「良いコンテンツ」に関して、「SEO観点での「良いコンテンツ」とは何かを「蟹の形」から考える。」のページでもご紹介していますのでご覧ください。

 

Ginga

アクセス解析で大事なのはツールじゃなくて”仮説”

私の環境下で「アクセス解析」と言うキーワードでGoogle検索すると

  • アクセス解析 おすすめ
  • アクセス解析 ツール比較

といった第2キーワードが候補としてあがってきます。アクセス解析ツールを比較検討している人が意外にも多いことがわかりますが、私に言わせれば、ツールの比較検討をする時間ははっきり言ってムダです。

アクセス解析ツールはGoogle アナリティクスで十分

Googleアナリティクスは”十分”と表現するのが恐れ多いほど優秀なアクセス解析ツールです。

Googleアナリティクスがアクセス解析ツールとして優秀な理由

  • 無料で使えて多機能
  • ドキュメントが豊富、Google公式コミュニティも発達
  • Adwordsとの連携もスムーズ
  • 検索エンジンと連携するのでやっぱり強い。Search Consoleとも公式連携している

アクセス解析ツールを比較検討する時間があったらさっさとGoogleアナリティクスを入れてしまって、解析する方に頭と時間を使いましょう、と私は言いたいです。

闇雲にアクセス結果を眺めていてもダメ

アクセス解析ツールの比較を行う人がどんな気持ちなのかを考えてみましたが、ずばり「アクセス解析がうまく実施できていない」というのが理由ではないかと思いました。

アクセス解析に大事なのは「仮説」を立てて初期設定を行い、仮説に基づいて結果を「検証」することです。

Googleアナリティクスは無料な上に高機能なので、目的や仮説のない闇雲な数字確認では数字に埋もれて息ができなくなります。闇雲に数字を確認するのではなく、仮説を持って数字を追う事が重要です。

アクセス解析は仮説ベースで

B2BのWebサイトで仮説ベースのアクセス解析をする場合、例えば以下のような流れになります。

(例)仮説ベースでアクセス解析をして問い合わせ数UPを狙う

CVユーザーは会社概要を見ているのでは?(これが仮説)

CVユーザーとそうでないユーザーでGA上のアクセス状況を比較

色々見ていく中で、CVユーザーは会社概要を見ていることがわかった

全ページのヘッダーに会社概要のリンクを置いてみよう(仮説を元に改善アクションを取れる)

Googleアナリティクスには目標設定機能や、高い自由度でセグメントを着る機能が備わっていますので、上記のようなアクセス解析と改善アクションに大いに役立てることができます。

また前回の記事で説明した中間CVを設定しておくことも、仮説ベースのアクセス解析をする上で役立てることができます。

 

Ginga

 

SEO観点での「良いコンテンツ」とは何かを「蟹の形」から考える。

先日とあるセミナーに参加した知人から面白い話を聞きました。

「かにのかたち」と検索している人はどんなニーズで検索していると思いますか?

僕は最初これを聞いて、タラバガニと毛ガニの生物学的な違いに関するニーズかなとか、ヤドカリがカニの仲間なのかどうかを知りたいのかなとか想像しました。でも、そういう話と違いました。

ユーザーが本当に知りたいこと

実はどうも「蟹の形」と言うキーワードで検索している人は、今年公開された映画「聲の形(こえのかたち)」について検索している、とのことだったのです。そして実際に今現在、「蟹の形」でGoogle検索すると検索結果の1位に映画「聲の形」の公式サイトが出てきます。

蟹というキーワードに引っ張られず、検索した人がおそらく見たいであろうサイトを検索結果にきちんと返してくれるGoogleさん。これが検索エンジンの最適化なんだ、と大きな納得感と感動がありました。

これからのSEO

先の「蟹の形」のエピソードからわかる事実。それは、検索キーワードが本文内に含まれているかどうかといった、従来のSEO対策で必死に気にかけてきたことがもはや意味をなさないということである。

逆に、真の検索ニーズが満たされるコンテンツを用意してあげることこそがSEOであり、それだけでしかない。ユーザーにコンテンツを届けるためにこれまで小手先で施していた工夫は、Googleさんに任せてしまうのが良いだろう。

また、あるキーワードにおける検索結果はまさにGoogleさんが「真の検索ニーズを満たせるサイトの暫定ランキング」となっているはずなので、検索結果を見ることでユーザーインサイトをなんとなく垣間見ることができるようになるといえるのではないでしょうか。

 

Ginga