読後メモ「USJを劇的に変えた、たった1つの考え方」

「USJを劇的に変えた、たった1つの考え方」を読んだので感想をメモ。

書かれていること

USJのV字回復を成し遂げた森岡毅さんによって書かれた本書では、

①どのようなアプローチでUSJのV字回復を実現したか
②日本におけるマーケティングの実情
③基本的なマーケティングフレームワーク
④主に就活生や若手社会人向けに書かれたと思われるキャリアの考え方

が説明されています。個人的には①について深掘りされたものを想定して購入したのですが内容は割とあっさりしており、どちらかと言うと「マーケティング入門」という感じの内容でした。まさにサブタイトル通り。

経営者になりたいと何となく考えている就活生や、新人マーケターにとってのマーケティング入門書としては良書と思います。

逆に、マーケティング関連の書籍を一通り読んだことがある方にはなんだか少し物足りない内容ではないでしょうか。蛇足や無駄な話も多い印象でした。

本書を読んでの気付き

本書が大ヒットしているところから察するに、世間はやや初歩的な、わかりやすい内容のマーケティングの知識やノウハウを欲しているのだなと感じます。

この先人口が減っていきモノが飽和していく日本の社会において、マーケティングスキルは全ビジネスマンにとって必須であるという考えは私も持っていますので、本ブログを通じてマーケティングの面白さや大切さを広めていきたいなと感じました。

また本ブログ別記事3C分析は「考える順番」が大事!では、「3C分析はCustomer(顧客)→Competitor(競合)→Company(自社)の順で行うべきである」とご紹介しましたが、本書では先にCompany(自社)の分析をするのが重要であると説明されていました。

確かに、限られた経営資源において売上をアップするというのがマーケターにとっての最重要命題となりますから、まず最初に自社が社会に何を与えられるのか、しかも無理なく持続的に、という発想が必要になることは至極まっとうです。

そこも踏まえて改めて、3C分析の正しい順番とは、

Company(自社でできること)Customer(顧客)→Competitor(競合)→Company(相対的な強み)

のように、ループを描くことであるという考えに至りました。

思考をアップデート。大事。

ということで、冒頭では新人マーケターにおすすめと書いてしまいましたが、中級マーケターにもおすすめの1冊をご紹介しました。

 

Ginga

B2BマーケではSEO対策はほどほどに。

B2Bマーケにおいて、Google検索結果の1位を取ることに固執することはさほど重要ではないと考えています。なぜなら、企業が何かのサービス導入を検討する際には、ほぼ間違いなく徹底的な比較検討を行うためです。

B2CとB2BではSEOのゴールが違う

現代人は何かを購入する前にはほぼ必ずWeb上で情報収集をすると言われていますから、B2C企業にとって自社のサービスをGoogle検索で見つけてもらえるかどうかは死活問題と言えます。

またB2Cであれば、検索結果の上位を取ることで他社との競合状態になることなく自社の商品を購入してもらえる可能性が高まりますので、SEOやSEMを頑張る価値が大いにあると言えるでしょう。

しかし、B2B企業の場合は話は別です。B2Bの場合、購入の意志決定をするのは人ではなく「組織」です。組織が何かの購入・注文を検討する際には「なんとなく好きだから」「流行っているから」といった理由で意思決定することは絶対にありません。

通常は、情報収集をする担当者が類似サービスを熱心に比較検討して資料化、経営陣やマネージャー層からから承認を得ることで初めて注文、ということになります。

この場合、ターゲットユーザーはGoogle検索結果を元にもれなく類似サービスを比較検討すると推測されますから、B2B企業がGoogle検索結果の1位をキープすることに固執する必要はないのです。強いて言えば、検索結果の1ページ目さえ維持できていれば、ひとまず比較検討候補として認識してもらえるでしょう。

B2B企業が目指すべきWebサイト

前述の通り、B2BのWebサイトではある程度の順位を維持できれば十分です。そのためには以下のような最低限のSEO対策を実行しておけば十分でしょう。

<最低限のSEO対策>

  • クリックされやすいタイトルをつける。
  • キーワードを意識したメタdescriptionを設定する。
  • 正しいHTMLコーディングを実装する。

「これだけでほんとに大丈夫?!」と思えるような簡易な内容に思えるかもしれませんが、この程度の対策さえできていないWebサイトが世の中にたくさんあるのが実情です。むしろB2BのWebサイトであれば、SEO対策に固執して不毛に時間を費やすよりはコンテンツを充実させるほうが効果増を期待できます。

先に述べたようにB2Bサイトのターゲットは熱心に比較検討をしていますので、「他社との差別化要因」「導入メリット」「導入実績」といった情報をわかりやすく提示することに労力を費やしていきましょう。ランディングページからのサイト回遊が増えていくことが、SEO対策として有効とも考えられています(参考:https://webtan.impress.co.jp/e/2017/11/13/27337)。

少し話が変わりますが、SEO観点での「良いコンテンツ」に関して、「SEO観点での「良いコンテンツ」とは何かを「蟹の形」から考える。」のページでもご紹介していますのでご覧ください。

 

Ginga