アクセス解析で大事なのはツールじゃなくて”仮説”

私の環境下で「アクセス解析」と言うキーワードでGoogle検索すると

  • アクセス解析 おすすめ
  • アクセス解析 ツール比較

といった第2キーワードが候補としてあがってきます。アクセス解析ツールを比較検討している人が意外にも多いことがわかりますが、私に言わせれば、ツールの比較検討をする時間ははっきり言ってムダです。

アクセス解析ツールはGoogle アナリティクスで十分

Googleアナリティクスは”十分”と表現するのが恐れ多いほど優秀なアクセス解析ツールです。

Googleアナリティクスがアクセス解析ツールとして優秀な理由

  • 無料で使えて多機能
  • ドキュメントが豊富、Google公式コミュニティも発達
  • Adwordsとの連携もスムーズ
  • 検索エンジンと連携するのでやっぱり強い。Search Consoleとも公式連携している

アクセス解析ツールを比較検討する時間があったらさっさとGoogleアナリティクスを入れてしまって、解析する方に頭と時間を使いましょう、と私は言いたいです。

闇雲にアクセス結果を眺めていてもダメ

アクセス解析ツールの比較を行う人がどんな気持ちなのかを考えてみましたが、ずばり「アクセス解析がうまく実施できていない」というのが理由ではないかと思いました。

アクセス解析に大事なのは「仮説」を立てて初期設定を行い、仮説に基づいて結果を「検証」することです。

Googleアナリティクスは無料な上に高機能なので、目的や仮説のない闇雲な数字確認では数字に埋もれて息ができなくなります。闇雲に数字を確認するのではなく、仮説を持って数字を追う事が重要です。

アクセス解析は仮説ベースで

B2BのWebサイトで仮説ベースのアクセス解析をする場合、例えば以下のような流れになります。

(例)仮説ベースでアクセス解析をして問い合わせ数UPを狙う

CVユーザーは会社概要を見ているのでは?(これが仮説)

CVユーザーとそうでないユーザーでGA上のアクセス状況を比較

色々見ていく中で、CVユーザーは会社概要を見ていることがわかった

全ページのヘッダーに会社概要のリンクを置いてみよう(仮説を元に改善アクションを取れる)

Googleアナリティクスには目標設定機能や、高い自由度でセグメントを着る機能が備わっていますので、上記のようなアクセス解析と改善アクションに大いに役立てることができます。

また前回の記事で説明した中間CVを設定しておくことも、仮説ベースのアクセス解析をする上で役立てることができます。

 

Ginga

 

問い合わせが欲しいならタブレット対応も手を抜くな

突然ですが、iPad Pro 10.5インチ版を購入しました。

初のタブレット購入。完全な衝動買いだったんですが、3週間ほど欲しみが継続して悩んだ末の購入なので後悔はしないはず。

適当に触っているだけで幸せがこみ上げてくるユーザー体験、さすがAppleと言わざるを得ない。

あなたのサイト、タブレット対応できてますか?

私はできてません。新品iPadをポチポチいじる中でこのサイトを閲覧してみたのですが、残念なことにレイアウト崩れが発覚しました(2017年12月2日現在)。

このサイトのデザインはテンプレートから少し手を入れただけだったため、少々油断しておりました。良くないですね。

このサイトに限らず多くのサイトで、PCレイアウトとSPレイアウトの2種だけを実装し、タブレットではどちらかのレイアウトを表示させている、というケースは多いのではないでしょうか。

タブレット表示の最適化も真剣に実装するべき

これからのWebサイトは、タブレット端末にも熱心に対応していく必要があると考えています。タブレットはもっともっと流行っていく可能性を秘めているからです。

タブレットはノートパソコンからキーボード部分を取り除くことで持ち運び性を向上させた代物ですが、入力が煩わしくなるというデメリットもあります。

また初期のiPadが誕生した頃はマシンスペックの問題もあり、仕事に使うマシンというよりは暇つぶしで使うマシンという認識が強かったと思います。

今のタブレットは仕事に使える

ところが最近では事情が変わってきています。まず、タブレット端末全体のマシンスペックが向上してきており、またMicrosoftのOffice系も利用可能になるなど、仕事用マシンとしての地位を確立しつつあります。

また近年スマートスピーカーが流行っているように、音声認識によるインプットというものがスタンダードになっていけば

  • インプット→声
  • アウトプット(ブラウジング)→タブレット

というように切り分けが進んでいき、タブレットのメリットだけをフルで享受できる環境がやってくるのではないでしょうか。

そもそも音声認識技術の向上うんぬんは置いておくとして、問い合わせ数を1件でも上乗せしたいB2BのWebサイトであれば、タブレット対応をきちんと進めておくおくことは当然のことなんですけどね。

Ginga

【GTM】中間CVを「滞在時間」で設定する方法

B2Bマーケでは中間CVの設定が重要

中間CV、つまりマイクロコンバージョンの設定が、B2Bマーケにおいて重要であることは記事「B2Bこそマイクロコンバージョンの設定が必須」でもご紹介しました。

そもそもの流入数を稼ぎづらいB2B商材の場合、中間CVを適切に設計しておくことで「少しは興味を持ったユーザー」とそうでないユーザーを区別できるようになり、サイト改善やリターゲティング広告に活用できるようになります。

よく使われる中間CVとして「フォームを閲覧した」「価格ページを閲覧した」「○ページ以上閲覧した」などが挙げられますが、B2BのWebマーケを行う上では、これらの指標ではハードルが高すぎます。

サイトの運用をしているとわかりますが、サイト訪問者の半数以上は直帰(つまり2ページ以上見ない)だったり、広告経由であれば9割以上が直帰というケースもざらなので、そういったケースにも対応できる設計にする必要があります。

中間CVには「滞在時間」の活用がおすすめ

中間CVに「滞在時間」を活用する場合、「直帰したユーザー」の中でも「ページ到達後すぐ離脱したユーザー」と「少し興味を持ったユーザー」を区別することができ、便利です。

また縦長のLPを利用しているケースでは、LPを最後まで読んでから離脱した人も、直帰⇛だけどしっかり読んでくれた、という判断活用として活用できるようになります。

滞在時間を使った目標設定はGAでやるな!GTMでやれ!

滞在時間を使った目標設定は実はGoogleアナリティクスでかんたんに実装できます(下図参照)。

しかしこの設定には落とし穴があり、ユーザーが何分サイトに滞在していたとしても、直帰していたらカウントされないという点は注意が必要です。

Googleアナリティクスの滞在時間は「次のページに遷移するまでにかかった時間」を指していますので、直帰の場合は滞在時間が集計されず0分ということになってしまいます。

直帰ユーザーの滞在時間もGoogleアナリティクス上で集計したい場合は、Googleタグマネージャーを使うとかんたんです。

GTMで「滞在時間2分」の時点でイベントを飛ばし、GAで目標設定する方法

ここでは例として、滞在時間2分経過した時点で直帰か非直帰かによらず中間CV達成とする方法を説明します。

1.GTMのトリガーを作成します。

  • トリガーの種類:タイマーを選びます。
  • イベント名:gtm.timerとします。GTMでデフォルトで使える変数です。
  • 間隔:トリガーを発火させたい間隔をミリ秒単位で入力します。下図では120秒の設定です。
  • 制限:トリガーを発火させる回数を入力します。今回は120秒経過時点で1回だけ発火させる設定です。

2.イベント取得用のGAタグを設定します。

  • トラッキングタイプ:イベントとします。
  • カテゴリ、アクション、ラベル:飛ばすイベントを定義します。カテゴリはその名の通り大分類として他のイベントもくくれるもの、ラベルはユニークなものになるよう意識すると良いです。Googleアナリティクス上で表示される文字列になることを意識して設定します。
  • トリガーとして:1で作ったトリガーを設定します。今回の場合は、120秒ページ滞在された時点でイベントトラッキングが発火するようになります。

3.GAで目標設定する

目標タイプは「滞在時間」ではなく「イベント」を選びます。

2で決めたイベントカテゴリ、アクション、ラベルと等しいときに目標達成されるように設定します。

 

これで、直帰ユーザーであっても比較的興味を持ったユーザーに対して中間CVを紐付けることができるようになります。

今回の例では120秒を閾値としましたが、ターゲットがごく限られた商材であればもっと短く8秒にして直直帰かどうかを区別したり、動画や長めの文章を読んでもらう前提のサイトであれば5分にしたりと、状況に応じてカスタマイズするのが良いでしょう。

 

Ginga

B2Bこそマイクロコンバージョンの設定が必須

B2BのWebサイトはコンバージョンが少ない

一般的にB2BのWebサイトにおけるコンバージョン(資料請求・お問い合わせ等)は、ECサイトなどB2Cにおけるコンバージョン(商品購入など)に比べて発生する絶対量が少ないと考えています。

コンバージョンの絶対数が少ない場合、

  • アドワーズのコンバージョン最適化が機能しない
  • 1回のコンバージョンの有無でCVRが大きく変動する

といった問題が生じてきます。

中間CV(マイクロコンバージョン)を活用すべし

B2BのWEBサイトでこそ有効活用すべきなのが、中間CVです。中間CVとは、最終的なコンバージョに到るまでの中間経路に設ける目標のことです。

一般的な中間CVでは

  • 2ページ以上閲覧
  • フォームへの遷移

といった指標が採用されます。厳密なルールはありませんが、「最終的なCVユーザーであれば中間CVも達成している」という指標を見極めて設定するのがポイントです。

CV数の絶対量を稼ぎづらいB2BのWebサイトであっても、中間CVを設けておく事で、サイト改善に役立てる事ができます。

またリターゲティング広告の効率化にも活用する事ができ、例えば2ページ閲覧した人よりも、5ページ閲覧した人に対して高い単価でリターゲティング広告を出したり、といった活用ができます。

Google アナリティクスの「目標」は1つのビューにつき20個まで有効化できますので、まだ何も設定していない方は是非、中間CVを設定してみてください。

 

Ginga

UX改善を目指すなら「日付の表示形式」にもこだわろう

WordPressの日付表示設定では、

  • 2017年5月9日
  • 2017-5-9
  • 5/9/2017
  • 9/5/2017

といった選択肢がありますが、特に意識せず好みで日付の表示形式を選んでいる人は多いのではないでしょうか。

個人的にはずばり、1つ目の「2017年11月19日」の形式だけをおすすめします。理由はやはり、ユーザビリティの観点から、ということになります。

曖昧な表記ではユーザーが困惑する

あるあるとUXという記事でも少し言及しましたが、Webサイトの使い勝手を向上させる上で「あるある」「考えないでも理解できる」「曖昧じゃない」とったことが重要だと考えています。今回の日付表示形式で言うと、2つ目の「2017-5-9」はともかくとして「5/9/2017」「9/5/2017」の表記は5月9日なのか9月5日なのか曖昧です。曖昧さはユーザーにストレスを与え、離脱の要因を与えてしまいます。ユーザー視点で最適な日付常時を考える場合、1つ目の表示形式以外の選択はありえないと考えられるでしょう(海外の人にも見てもらいたい場合は別ですが)。

 

Ginga