【GTM】直帰が多いページ同士は「滞在時間」で比較しましょう

広告用のLPを運用していると、もちろん商材にもよりますが直帰率が90%を超えてしまうなんてザラですよね。

ABテストをやるにしても、「直帰率93%のページAと95%のページBのどっちの方が良いか…ってそもそもどっちも悪くない?!?」ということになりがちです。

直帰が多いページは滞在時間で比較しよう

そこでオススメなのが、滞在時間を基にページ同士を比較することです。

ただし、Googleアナリティクス上で表示される「平均セッション時間」は使いません。この指標は直帰セッションを0秒としてカウントしてしまうため、直帰の多い広告用LPのようなページで参考指標とするのは適していません。

一方、Google Tag Manager(GTM)を使って一定時間ごとにイベントを飛ばすことで直帰セッションであっても滞在時間を取得することができるようになります。

GTMを活用し、滞在時間に応じてイベントを飛ばす方法

【GTM】中間CVを「滞在時間」で設定する方法でも似たような解説をしていますが、おさらいです。

1.GTMのトリガーを作成する

・トリガーの種類:タイマーを選びます。
・イベント名:gtm.timerとします。GTMでデフォルトで使える変数です。
・間隔:トリガーを発火させたい間隔をミリ秒単位で入力します。下図では5秒の設定です。
・制限:トリガーを発火させる回数を入力します。今回は1回だけ発火させる設定です。

 

2.イベント取得用のGAタグを設定します。

トラッキングタイプ:イベントとします。
カテゴリ、アクション、ラベル:飛ばすイベントを定義します。カテゴリはその名の通り大分類として他のイベントもくくれるもの、ラベルはユニークなものになるよう意識すると良いです。Googleアナリティクス上で表示される文字列になることを意識して設定します。
トリガー:1で作ったトリガーを設定します。今回の場合は、5秒ページ滞在された時点でイベントトラッキングが発火するようになります。

 

3.上記1~2を、イベントを飛ばしたい秒数ごとに用意する

上記は5秒経った時にイベントを飛ばす方法でしたが、必要に応じて30秒や2分といったタイミングでイベントを飛ばすようにします。

こうすることで例えば「5秒も見てない人がこんなにいるのって広告文とキービジュアルに問題あるんじゃないか?!」「直帰は直帰でも2分も見てたら中身見は読んでもらえたかな」といったことがわかるようになるのではないでしょうか。

(おまけ)滞在時間をJavascriptで飛ばす

トリガーは等間隔で発火させつつ、飛ばすイベントの「アクション」の文字列をJavascriptで自動取得するような方法もあるようです。

GTMのタイマーイベントで滞在時間計測の結果について(外部)

ただ、アクセス解析で大事なのはあくまで仮説ベースで検証することなので、闇雲に値を飛ばせば良いわけじゃないことは注意しましょう。

 

Ginga

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です